今日のひとこと

2010.10.29 (Fri)


「田中真澄のパワ~日めくり」より
スポンサーサイト

今日の一言

2010.10.28 (Thu)



「田中真澄のパワ~日めくり」より

燃える門脇・杉村両氏

2010.10.22 (Fri)
日本海新聞 大阪本社が少し熱い。

これから大きな
紙面改革に取り組むようだ。

中でも杉村部長は静かなる記者の癖に、
仕事がめっぽう強い…

さすが山陰……

小中と一緒だった友人が、いつの間にか業界大手の会社社長に

2010.10.21 (Thu)
性格が正反対だった同級生の
廣田ヨシタカ君…

いまや社長さん。

ある意味僕があこがれる
ハードボイルドなクールガイである。

僕もよく説教されるが、
当たっているので逆らえない。

昔、中学の時の卓球部(廃校になった豊北中学)でも
役柄は彼がキャプテンで、僕が副キャプテン
いつまでも頭が上がらない…

営業会議が熱い!

2010.10.20 (Wed)
最近の営業会議は熱い!

特にM君M田君B編集長の話と、

K部君のモチベーション、ストーリーに

皆が引き込まれている。


なかなかだ… 



《会議内容概略》

○ママ友ランチ会議(座談会企画)
・美食枠では出稿見込みの無かった飲食店も、
顔つなぎをしておいたおかげで取ることが出来た。
・また、「あなたのために・・・」の文句が有効だった。
・「次回があったら提案して欲しい」との声も聴かれた

○常連サロン企画
・ニーズが一致していれば、新規のクライアントでも取れる企画。
・「次回は飲食店でやってほしい」との声も上がっている。
・R社ではできない、地元紙ならではの企画ということで、好評価
・グループ店にもまとめて提案できる(各店舗の個性が出せるため)

○女性特集(11月27日号・12月4日号)
・表紙から8頁
・企画は上記2つと全頁売り(中1ページ:40万)
・管理は道田が担当 


大阪日日の強み = リピート率

○S社のケース

森のクライアントS社(ヘアサロン)における、
過去2年間の新規顧客の洗い出しを行った。
1店舗当たり、2年間で約100人の新規客の来店があり、
そのうち2回目以降の再来店(リピート)率を調べたところ、
何と70%もあった。


通常R社のフリーペーパーのリピート率では30%程度しかないが、
週刊日日はその倍以上のリピーターを獲得できているということで、
クライアントからもかなり満足してもらえている。

客層:30~40代女性 99%(20代が残り1%)・全て地元の読者
単価:平均8000~

【総括】
確かに悪いとき(メニュー全品20%OFFなど、主旨が不明確な場合)は反響が悪く、1人2人だったこともあるが、担当者と企画を煮詰め、限定メニューや明確な主旨があった場合の反響は高く、30人以上もあった。
また、リピーターは店舗販売の商品を購入してくれる場合があり、
店側としても+αの売上が望める。

○T社のケース
道田のクライアントT社(エステ)では、
新規客お試しキャンペーンの内容で、
R社のフリーペーパーへの出稿1回当たり30人の来店があるが、
本契約に繋がるのは4割程度だった。
しかし週刊日日では1回7人と来店数は低いが、
本契約への成約率は100%を誇っている。(客層:40代女性)


大手と同じ土俵(単純な反響数など)で競っても余り意味は無い。
むしろ自社の強み(オリジナリティ)を武器に戦った方が
はるかに良い良い結果が得られる。

地域密着・(大部分が)30~40代女性の読者層・リピート率

を自信に、営業を進めていくとよい。

必見の料理バトル CHEF-1グランプリ

2010.10.19 (Tue)
10月30日(土)
4:30より関西TVにて放送。

東の落合シェフ vs 西の神田川俊郎他、
有名シェフ6名による料理対決
250人の審査員がジャッジを下す
関西初のTVショー。


※ちなみに僕も出席しました。
神田川先生の配慮で
石田純一、吉川ひなのさんの前(要は一番前)で
バリバリ食べてました。
映っていたら笑ってやってください。

他人が喜ぶ事業は間違いなく善だ

2010.10.07 (Thu)
まさに人間はささいなことで傷つくことか。

傷つくと、正しい自分も悪く感じてしまう。

今日の会議の話は、良い悪いという判断基準ではなくて、

事業の目的を見つめてもらいたいからそれに絞って話をした。

今、「儲けたい」と思っている人に失敗作の広告の話をする必要はあるか?

皆そう思っているのに気付いたらそうなってしまう現実はないか?

これは100点満点をとらねばならないという教育の副作用だ。

会社は学校じゃない。

働くだけで、その結果は必ず人が喜ぶものになっていく。

他人が喜ぶ事業は間違いなく善だと松下幸之助は言っている。

そう思える人が立派な社員だ

考えさせられる日々

2010.10.05 (Tue)


・夢って、頭で考えるものではなく、
体で見るもの


・あなたがむなしく生きた今日は、
昨日死んでいった者が
あれほど生きたいと願った明日

絶妙のコンビ「K・M」
「上部と森君のセールスは
  一度受けてみたいっすね」
と、東京のトップクリエーターI氏は言う。
確かにKのボケとMのツッコミには定評があるが、
僕やI氏の前では、Kはになるのだ。

愛すべき連中である。


前向きになれる言葉①

2010.10.04 (Mon)
過去は安い本と同じ
読んだら捨ててしまえばいい

by 「ヤングガン」(映画)


成功するには…
成功するまでやり続けることだ

by A・カーネギー

弱い者ほど相手を許すことができない
許すということは強さの証だ

by マハトマ・ガンジー


未来や夢は明日にある
終わった過去にはないのに、
どうして振り返るんだ…
もう、終わったんだよ
今日までは…

by 2ちゃんねる

栄光は…

2010.10.01 (Fri)
・栄光は自ら挑み勝ち取るもの

・幸せは苦労と挫折の先にあるもの

・夢は、行動の中から生まれるもの


頭でっかちになるなよ。
他人の話には、巻き込まれるなよ。
自分を大切にするためには、
自分をもっと好きになることだよ。
back-to-top