5年前の飲み会のネタ

2009.10.29 (Thu)


「水戸黄門様の印籠じゃ!」
の印籠ですが、
三つ葉葵の上に「吉岡」とあります。
もちろん吉岡美穂ではありません。
「よしおかとしかた」の意味でございます。



ホラ、ちゃんと名前も入っています。

この印籠を持った人は王様になれますが、
飲み会の支払いもしなくてはなりません。

この印籠を持った人は絶対君主になれますが、
週刊の資金繰りもしなくてはなりません。

だから、
この印籠を使う人は、たった一人、僕だけなのです。
一度ご本人の前でやってみようかなとは思うのですが…

今はムリかな……

スポンサーサイト

編集会議にオーナー現る!

2009.10.27 (Tue)
毎週火曜、恒例の編集会議に参加していると…
いきなり会議室の扉が開き、そこには
吉岡オーナーの姿が…

『ピッキーン』……

空気が凍り、全員立ち上がってお迎えしたのでした。

「ワシも時々参加しようと思ってな」
いつもの笑顔で話されるオーナー。

震える門脇局長

汗をかく副社長

マイペースなのは何も知らないアルバイトだけでした。

こんなことじゃぁいけないと、
自らを励まし、会議を進めようとしたのですが…
運悪く編集長が局長に意見を求めたのです。

局長「△×□○×□△…」

オーナー「何を言っとるのか分からん。」

局長「△×□○×□△…」

  ・
  ・
  ・


この後はかわいそうで、とても書けません。


by吉田実篤

ある政治家の独り言…

2009.10.26 (Mon)
本日の国会中継の所信表明を見ていて、
あらためて「この国は大丈夫か!?」と思いますね。
総理はまるで文学青年の理想論を語るばかり…。
議員席といえば、
SF映画に出てくる意思を持たない
作りたてのロボットみたいで。
野党は活気の無い死に体。


小泉チルドレンの方がまだ、
人間味を感じたかもしれませんね。
なんか寒々しいものを感じました。



小学校の入学式の様な事から始まり、
本当に大丈夫なの!? 
外国には見せたくないですよ。
弱体化している日本に、
死人に鞭を打つようなアマチュア政治は、
いかに言ってもキツイ感じがします。

本当に異常なものを目にした様に思います。

今日の感謝1

2009.10.26 (Mon)
今、会社概要を作り直しています。

完成した暁には真っ先にブログで公開したいと思いますが、

私自身改めて20年の歴史と感動を再認識した次第です。

ついてきてくれた社員は(特に幹部のみんな)

在籍10年を超える心やさしい侍達ばかりです。

わがままな私が作った夢の事業を

支え続けてくれた侍のみんな

本当にありがとう。

正式発令 総務省委託事業スタート

2009.10.23 (Fri)



乗り切った者だけに与えられる勲章

2009.10.22 (Thu)



すでにベースはある!
あとは上記にある「2つの武器」で
1つのテーマにチャレンジするだけ。
なんて幸せななんだ
100年に一度の不況の中で…

信頼第一!

2009.10.22 (Thu)
新日本海新聞鳥取本社代表 本城守氏

私が兄貴と呼ぶ
最も敬愛する人です。
苦しいとき、つらい時に現れて
元気を分けていただいています。
「一人じゃないんだ」と思えます。
本城さんいつも
ありがとうございます。

日本郵政の西川社長の辞任劇のマスコミ対応

2009.10.21 (Wed)
現場にいた大手紙カメラマンA氏に聞いてみた。

(吉 田)……西川社長えらい怒ってましたね。

(カメラマン)あんなもんじゃないよ、
       TVに映ってるとこは怒っている
       部分ばっかりだけどさぁ
       愚痴ったり、にらんだり、
       本当に態度悪い奴だった。

(吉 田)……マスコミが大勢で押したり、キツイ質問で
       西川社長を責め立てたんじゃないんですか?

(カメラマン)アホか。あいつの就任の時も同じ数の
       カメラののフラッシュだったけど、
       本当にニコニコしてたよ。
       いい時はニコニコ、
       悪い時はマスコミにキレるのは所詮2流の人間よ…

(吉 田)  ・・・

【プロに聞く】政権移行における地方自治体の憂鬱

2009.10.20 (Tue)
[東広島の財政]

 東広島市と類似団体であるトヨタ城下町の自治体では60億円の減収を招いていると言う。勿論、特定企業依存型の東広島市とて例外でない。
景気の低迷により企業の業績は軒並み失速、設備投資は進まず固定資産税、法人市民税は大幅な落ち込みとなる。また個人市民税の増収も見込めない状況であるため来年度の自主財源はかなり厳しいものとなる。また雇用の不安定は扶助費等の社会保障費を増加させる。
 この状況下で国の税収減、マニフェスト事業による税の直接還元財源の確保、を理由に補助金、支出金、負担金のみならず、地方交付税までカットされ予算編成システムまで変わるとなると、自治体は市民に充分な住民サービスを提供できなくなる。また安定財政を確保するための投資も不可能になる。
税の直接還元で政権が良い顔をする分、地方の憂鬱は拡大する。


[国の財政]

 行政の会計は単年度会計ではあるが、しかし複数年度の継続により町づくりの計画をなすものである。
 21年度予算は経済の冷え込み抑制のため経済対策と雇用促進を目的とする補正予算が組まれた。これは単に今年度の事業執行を睨んだものではなく次年度以降の事業計画にリンクするものであり、補正予算凍結、削減は本年度の事業計画のみならず22年度予算編成に少なからず影響を及ぼし憂鬱の種となっている。

 それよりもっと深刻な問題は、来年度の予算編成である。従来の予算編成システムがどの様に変化するのか!?全く見えない。
 国の概算要求額95兆円に対し税収41兆円。差引54兆円。国債発行30兆円と仮定し24兆円は何を削るのか?政権公約の「子育て手当て」「農家への個別保障」「高速料金の無料化」「ガソリン暫定税率の撤廃」は目玉政策として進めるでしょう。とすれば、公共事業費(都市基盤整備、社会施設整備、農業基盤整備など)の補助金、交付金のカットは必至。
 また、「道路特定財源の一般財源化」はバリアフリーの町づくりやユニバーサルデザインの推進、都市計画事業の財源の一部となる「町づくり交付金」の皆無を意味するものであり都市整備事業計画において影響は大きい。

地域経済の復興はいかに

2009.10.18 (Sun)
民主党の戦略
 偏向報道するマスコミにも問題があるが、民主党の地域振興策が体系化できていない。「このままでは、地域経済再生方法もないまま、土木・建設の仕事がなくなり、手当によるお目こぼしで生活するのか」という不安を生じさせる。
 その端的な例が下の選挙結果である。民主党には、これからの地域ビジョンを早く打ち出してほしい。学校の校庭緑地化やグリーンニューディール、環境改善型の新しい公共事業を地元は一刻も早く聞きたいのだ。より具体策を求めたい。

〈愛知・設楽町長選 ダム推進派が初当選〉
 国が計画する設楽ダム建設の是非を争点にした愛知県設楽町長選が10月18日に投開票され、建設の推進を訴えた前副町長・横山光明さん(59)(無所属)が建設容認、反対派の2人を破り、初当選した。前原国交相が48ダム事業の一時凍結発表後、地方選でダム建設推進派が勝利したのは初めて。


雇用創出が急務
 全国有数の成長都市である東広島市も例外なく雇用状況が悪く、地元住民にとって大きな不安材料になっている。下のデータでも分かるとおりだ。こんな中、エルピーダの救済は東広島の雇用危機を救った。

〈東広島の雇用状況 ハローワーク広島西条管内(8月末)〉
求人数…1,998人(昨年同期3,077人)→35.1%減
求職者数…4,287人(昨年同期2,969人)→44%増
求人倍率…0.47倍(昨年同期1.04倍)→0.57ポイントダウン
 求人倍率は、昨年9月から右肩下がりで推移して、今年6月の0.39倍で底。現在はハローワークの開拓推進員が各企業に求人の働きかけを行い、製造業の求人が少しずつだが増加傾向にある。しかし、関係者によると、新規求職者数が増加傾向にあるため安心できない状況。


 固定資産税だけでも年間約25億円(ちなみに市民税は年間10億円)のエルピーダメモリは東広島市の財政と雇用の一つの核でもある。救済に努力した関係各位、政治家には敬意を表したい。それにしても、雇用の急激な悪化はこのまま続くのであろうか。答えは今後の国、県、市が一体となった雇用助成制度にカギがあるといえる。


東広島市の財政
エルピーダメモリの第2工場計画続行で、取りあえずの大きな不安材料はなくなったが、来年夏以降の子育て支援、農業所得補償などの政策には陰の部分もある。ほかの予算に影響するからだ(詳しくはQRで)。
 何といってもまちの財政は、地域経済の復興にある。政治は生命は助けるが生活を豊かにはしないものだ。
 どうやって豊かな生活や安心、幸福感を持てるかは、あくまで個人のこれからの行動にかかってきている。待っていてもダメなのだ。考えても情報検索しても何も生まれない。生き抜く力こそがこれからの個人の豊かな生活と幸せのバロメーターであろう。(吉田実篤)

back-to-top