年齢不詳のN会長、S館長、N特別顧問 ~スタッフ紹介~

2009.05.30 (Sat)
PNには3名の陰で支える
スーパーオジサン
がいます。
元ミニコミ紙経営のN会長

元放送局勤務のS館長

元県会議員のN特別顧問

人材の宝庫
PNならではの校正3本柱です。
おる人とのご縁に心から感謝を込めて
「いつもご苦労様です」
...と
スポンサーサイト

情熱のアンドロイド Fくん王子 ~スタッフ紹介~

2009.05.30 (Sat)
Fくん王子編集長です。
でも今は100年に1度の大不況
毎日営業のチェックに追われています。
仕事のことで社長からTELがあると、
Cool
なアンドロイドも少し緊張するそうです。
しかし、PNでは唯一社長に苦言を呈するFくん王子。
皆のそんな期待を背負って
今日も鬼社長に営業報告しています。
福本編集長



ハリーポッターと炎の制作マン ~スタッフ紹介~

2009.05.29 (Fri)
PN(うち)の常務制作総括のNくん
PN開設以前から会社に入り浸っていた、
不思議な男
です。
こむらがえりの激痛に耐え、ハードワークに耐え、
1日15時間制作室にいる

スーパーエクセレント・パワーオタク
です。
オタクが認められて役員になれるなんざぁPNだけです。

休みの日は趣味のパソコン熱中
とにかく本物のオタクなのです。


中浜常務
※見た目イケメンだが、オタクです。

なりはデカいが、小心者のI専務 ~スタッフ紹介~

2009.05.29 (Fri)
社長不在PNを盛り立てる陰の番頭役
茶目っ気有り
元マツダマン
要領よく総務全般をこなすも、
短気な社長
ワガママな社員にはさまれ、
サンドイッチのロールハム状態
それでもめげずに毎日元気
黒瀬から自動車(もちろん愛車はマツダ)通勤。
100年に1度の大不況を向かえ、
ますます心配性発揮しています。
愛すべき中間管理職。

テレビ大阪のI専務と会う

2009.05.27 (Wed)
天神祭に関する業務のため、テレビ大阪を訪問した。
I専務
とは20分しか話せなかったが、
ムダのない話術に感心させられた。
人と合うときにつくづく思うのだが、
出世する人は本当に
話にムダが無く且つポイントをはずさない。
当方の主旨を聞き取る
能力にも長けている。
勉強になった。

テレビ大阪ロゴ

天神祭


広島県料理業生活衛生同業組合支部総会

2009.05.26 (Tue)
6月3日に、駅前加茂泉館
広島県料理業支部総会が開催される。
業界関係者21人の参加にしていたのだが、
我が盟友 蔵田市長だけは特別に来て貰う事にした。
というのも、昨年の総会で蔵田市長のコメントが
もっと聞きたかったという声
にこたえてのもの。
今回は授賞式あり、組合のDVDあり、スタッフ演説ありと盛りだくさんだ。
陰ながらバックアップしてくれているビストロの川田君に感謝したい。

山陰方面より、リクエスト来たる!

2009.05.23 (Sat)
「もっと社内のことを書いてくれ」
リクエスト
がありました。
「副社長の(社内)話って、オーナーの事ばかり

なんていう声もあり、今後は襟を正し
大阪日日新聞社内告発
励みたい!

注)オーナーの話に偏るのはリーダーたちや
日本海新聞の幹部が、オーナーの副社長イジメの話を好むからです!#
本当に腹の立つ話じゃ~

接待でホテルを予約したところ…

2009.05.21 (Thu)
出張と違い接待の場合、
ある程度のホテルであることが要求されます。

特に中高年の会社役員ともなれば…
そこで数あるサイトの中から一休.comで検索すると…

ありました。
                正規料金    最安料金
グランドプリンス広島
   30,000円 → 7,000円
ANAクラウンプラザ
     17,325円 → 7,500円
リーがロイヤル
     15,000円 → 7,000円
※最大7%割引もある一休.comはすごいです

胃が痛い…

2009.05.20 (Wed)
世は100年に一度の大不況
経営者は大変です。
かくいう私も毎日が苦悶・苦悩の日々…
特に大BOSS(吉岡利固翁)からの
叱咤激励
大変厳しく弱点・短所を指摘されます。
1つ1つがごもっともなのですが、
長年の癖
はなかなか直らず、ラテン系の態度も直らず
叱咤激励は増すばかり…

思い余って日本海新聞H代表に相談するも
冷たく「その通り」「おまえはこたえとらん」
「胃が痛い? ウソじゃろう」


……ヤバイッ!
本当に痛くなってきた………

今時の侍(やつら)は…③

2009.05.18 (Mon)
栄光におぼれることなく、傷つくことも恐れず…
自分が決めた大いなる夢に日々苦悩と努力を繰り返す男たち…


和菜亭 次郎丸を開店して3年目。
「お話がしたい」と一人の若者が訪ねてきた。
名前は池田佳幸
開店間もない「潮家」の店主だった。
池田社長

紹介者もなく、たった一人でやってきた彼はとても緊張していたが、
「経営の勉強をしたい」と何度も言うので
「私のマネをすると後悔しますよ」とだけ伝えた。
経営はマネでは出来ないからだ。
池田氏はそれでも「お話していただけるだけで結構です」と引き下がらない。
それから機会があるたび、会うようになった。
あれから7年。
今や「潮家グループ」は広島でも有名なチェーン店に成長した。
本当に良かった。いい加減な付き合いをしなくて…
back-to-top